トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

音楽 結成30周年 ムーライダース Vintage Moon festival

日比谷野外大音楽堂にて5時開演。

まあ、20周年の時もここでしたね。あれから10年ですか。あのときは立ち見だったけれど今回はC1列118番。舞台向かって右側の2番目の通路側。舞台からはちょっと遠いけど、わりと観やすいし。4時半に行ったら既に、前座と思われるバンドが”YBJ”をやっていました。

客層をみてみる。わりかし若い人から白髪が混じったおじさんまで、結構幅がひろい。さすが30年って感じです。すくなくとも僕の周りではムーンライダースを知っている人はいません。ほとんど内緒でライブにきているようなもの。(恥ずかしいわけではないが・・・)でも僕自身は曲、詩とも大好きだし、常に新しい試みをしてきているムーンライダースは今でも大好き。それにしてもみんなおじさんになったけどね。

もう5時になっている。でも前座が終わる様子がないなぁ。なんて思っていたら、そのバンドがくれない埠頭をやりだした。いいなあ、なんて思っていたとき、突然メンバーがやってきた。そして前座のバンドから楽器を受け取り、くれない埠頭をやりだした。

なるほど、彼ららしいオープニング。びっくりしましたね。そして曲の最後方になって、ひとりひとり舞台袖へ去っていく。ついにはクジラさんと、慶一さんの二人。

あれれ、とおもったら、一人目のゲストの紹介みゅうじゅんを紹介して二人も去っていく。なんでも「大人の悩みと子供の涙」という曲を作ったときに、ライダースの「鬼火」をパクッたと慶一さんに告白したところ「いいよ。おれもよくやっているから」と、こころよくいわれたときからの付き合いで、さらに同曲を映画「アイ・デン・ティティ」で使用した時に白井リョウメイさんに編曲してもらったとのこと。みゅうじゅんはオリジナル「大人の悩み子供の涙」を熱唱し、そのままあたかも曲が続いているように「鬼火」を熱唱。すごくスムーズでなかなかやるじゃん。

つづいてメンバーが再登場。FURuFURUを歌いだす。その次からゲストと共に歌いだす。今回はゲストがすごい。青山陽一、カーネーション、サエキケンゾウ、曽我部恵一、遠藤憲司、野宮真紀、PANTA、ポカスカジャン(なぜかお笑い)、あがた森魚、高橋ユキヒロ、原田知世、RAYofLight(新人?)それぞれライダースの曲をメンバーと一緒に歌い、人によってはソロで歌いだす。もうだれが何を歌ったかは覚えていられません。

「青空のマリー」、「30」、「森へいこう」、「ボクハナク」「九月の海はくらげの海」、「塀の上で」、「バナナ、ココナッツ・・・」、「大寒町」(これはあがた森魚、そのまま赤色エレジー)を歌った。原田知世と、野宮真紀は彼女らの曲。そのたetc・・・(順番も忘れた)。しかしアッというまの3時間。ラストはゲストの人たちが出てきて、観客総立ちで「Don’t Trust OVER 30」を大合唱。

アンコールの拍手の中、再び出てきたけれどクジラさんのバイオリンのみで、メンバーは舞台の前に並んで立っているだけ!終わるとそのまま舞台を去っていく。

そのごアナウンス「観客のみなさん、これでムーンライダース、結成30周年の前半を終了します。」に観客大うけ。また出てきて演奏してくれると誰もが思っていたのですが、メンバが出てきて、「今日はこれで終わりです。今年はツアー等いろいろやります。」とコメント。

それにしても、メンバーのほとんどが、プロデューサーっていうのか、ムーンライダースの音楽の影響が大きさが今回のゲストにも繋がっているのだろう。いや~なにしろ久々にムーンライダースを堪能しました。満足、満足。

ドラムはかしぶちさんだけなく、別の人とふたりで打っていました。やはり病みあがりが影響しているのかな。まあ元気なところを見せてくれるために、前に出て歌も歌ってくれたけど。前年のコンサートの時はかしぶちさんお休みだったしね。その3年前は岡田さんが休みだったし。メンバーの健康状態が気になる年になりましたね。

いつまでも、いつまでも、いい曲を出してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽 シャーベッツ

最近のお気に入りはシャーベッツ。

今年の1月6日に渋谷AXにてライブに行ってから、はまりまくっている。

それまでは、ベンジーはやっぱりBJCか、JUDEだぜ!と思っていたのですが。

シャーベッツの音楽は、どちらかというと二つのバンドでは少ない情緒ある曲が多い。

ライブで聴いたのは、SIBERIAや、AURORAに入っていた曲と最新のアルバムからの曲がうまく融合されていました。とくに僕は”VINNY”や、”MERRY ROU”は今回初めて聞いた。いそいで二つのアルバムを借りてiPODに入れると、ほとんど毎日聞いている。

特にお気に入りは"ステファニー”、”VINNY”、”MERRY ROU”、”グレープ・ジュース"”君の肩に触れて”ですね。

どれも詩がすばらしい。

”震えてた、震えてた、十姉妹が指先で振るえていた、なにかが怖くて♪"

”ねえ、VINNY、藍色の車にのって。ねえVINNY、あのカフェテラまで行こう。♪”

”幼くて行き先もわからない、俺たちみんな、きっと迷子さ。♪”

”君の肩に触れて、細い雲を見た。ふたり輪郭のない車で、草原の海。走った前をみてたら、なぜだか悲しくて。♪”

曲の構成力が他のバンドよりも、綺麗に構成されていますね。しかし6年ぶりのライブ。この次はいつになるのかな。JUDEもやっていかなきゃならないし。すごい精力的に活動してるけど、すこし心配。こんなにいい曲ばかり作っているのに、ベンジーの才能が枯れないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台 秘密の花園

さて、今日は久々の芝居「秘密の花園」を見てきました。

場所は北千住にある、1010シアターです。

この舞台、唐十郎作、三枝健起演出、高橋康夫Pですね。

このトリオは知る人ぞ知るテレビドラマの名作、「安寿子の靴」、「匂いガラス」、「雨月の使者」の作者ですね。

僕もこの一連の作品はとても大好きなので、今回見に行ったのです。

三田佳子(高橋Pの奥さん)演ずる一葉は、日暮里のアパートに住むキャバレーの女。夫がいながらも、アパートには松田洋二ふんする明彦がいつもいる。なぜなら明彦の給料が目当てのようですね。この二人を中心にキャバレーの常連客で一葉を好きな男、また、彼女の主人である大澄賢也など一癖もふた癖もある人たちが登場する。でも、台詞が過剰なので僕にはあまり理解できない。(悲)

でも、東京の日暮里にあるアパートのセットは情緒があります。無造作な木の緑に囲まれアパートのとなりの坂。夕日の映える緑。アパートの向こうの橋。俗なキャバレーで働く、これしか生き方をしらない女と、その女をなぜか聖のようにとらえる明彦。明彦が女に与えようする指輪は、あねからもらったもの。そしてその指輪には姉のイニシャルが。明彦は転勤で大阪へ。それは二年の一葉との別れ。そして大阪にはフィアンセが。わかれを告げたそのとき、トイレに行き、首をつる一葉。

そのとき、ドアからは、一葉と同じ顔の女、もろは(明彦の姉)が弟を迎えに現れる。

姉は言う「一葉の中に私を求めていたのでしょう。」

一葉のいないアパートに居続ける明彦。姉のイニシャルを指輪から消そうする。消すためには、アパートの横の坂の先にある硫酸の泉の傍らに咲く勝負の葉だけが消すことができる。ある雨の日に一葉になった、もろはが明彦のところに来る。その葉を持ってきて指輪を明彦から奪おうとする。すんでのところで奪えなかったもろはは、川に落ちる。そこに一葉がくる。取れない指輪を取るために自転車のチェーンで、指ごと切っていた・・・。

俗な世界のなかにファンタジックな世界が融合。一人二役の三田佳子の演技が面白い。とくに、明彦役との松田洋二とのやり取りには、東京の日暮里という古くからの俗な世界がなんとも情緒がこみあげてくる。

ちょっとわかりずらい所はありましたが、なかなか見ごたえあり。僕はできるなら、もう一回みたいと思いました。

関係ない話ですが、幕間の時間にタバコを吸いに喫煙しつにいると、前の席に美人さんが。誰だろうと思いみてみると、なんと宮沢りえ。そして「ママ、ママ」言っていたけど、その隣には、りえママ。あまりじろじろ見ると悪いのでやめましたが、さすが美人でした。ちょっと太めのりえママと、りえちゃん。こちらも聖と俗の世界でした。(ごめんなさい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

ロード・オブ・ザ・リングの一日(後編)

ついに始まった。長い長い旅が。やはり映画は映画館だぜ!!

スペシャルエクステッドエディションは「二つの塔」を銀座の東劇では見ていたが、「旅の仲間」と「王の帰還」は劇場ではみていない。

「旅の仲間」は一番好き。なにしろ最初のホビット庄の話がのどかでいい。こんなところに住んでみたいものだ。その中でフロドは特に自分で持ちたくて持つわけでない、しかも世界を左右する指輪の持ち主となってしまう。そして滅びの山にそれを捨てに行かなければならない使命を持ってしまう。その運命を素直に受け入れ指輪を持ち旅に出る。モリアの坑道の中で魔法使いのガンダルフは言う。

「起ってしまったことは仕方ない。今はそれにどう対応し、行動していくかだ」

この台詞の中に、この作品のテーマの一つが隠されているのですね。

物語は旅と共に続く。

3部「王の帰還」が始まるときはもう夜の6時。終わるのは夜の10時40分だぜ!

「王の帰還」はスペシャルエクステッドエディションを持っていたといえ、1回しか見ていない。なぜなら僕はDVDを貸してしまったから。しかも返してくれない。事情があって返してともいえない。

でも劇場で見たいみたいと思っていたところ。しかしすごい。圧倒的なCGの迫力で軍の大群を描く。しかもゴンドールの都ミナス・ティラスの見事なこと。その都を攻めるモルドール軍の大群。まあすごい迫力。この迫力は他の映画ではない。WATAのスタッフはすごい。スピード感がたまらない。劇場公開時には2回も見たが、それにしてもあれ、こんなシーンはなかったな。というのがそれまでの作品以上に多い。

やがて旅は終わる。12時間の僕の旅も終わってしまった。

疲れていたかといえば、疲れたと思う。でもすっきりした疲れでした。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション DVD ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロード・オブ・ザ・リングの一日(前編)

朝の10時から夜11時まで、なんと「ロード・オブ・ザ・リング スペシャルエクステッドエディション」を1~3まで一気に見てしまった。

スペシャルエクステッドエディションとは?と思う人も多いが、俗にいう完全版ですよね。

直訳すると拡張編集、となるかな。たぶん公開当時には興行は基本的に3時間以内でないと、一日3回の上映ができないから。それでも公開当時は1、2が3時間、3が3時間半あった思います。

このスペシャルエクステッドエディションでは、1部旅の仲間が3時間38分、2部二つの塔が3時間48分、3部王の帰還が4時間30分とそれぞれ30分から1時間も長くなっていますね。

もともとピータ・ジャクソンの映画が好きだったので、第1部「旅の仲間」を公開当時に見たのですが、世界観が結構すきになり、DVDでスペシャルエクステッドエディションが出たときに買ってしまったのだが、すっかりとりこになり、繰り返し、繰り返し見たら、さらにとりこになってしまった。たぶん自分の持っているDVDでは一番みているかな。

「二つの塔」が公開されるときは、公開初日の最初の回に新宿ミラノ座に駆けつけた。アラゴルンが走っている姿を見たときは、もう感涙ものとなっていました。

やはりこのスペシャルエクステッドエディションを買ってしまった。これを見るとなんと、公開版より面白い。なぜかというと、ファラミアが死んだ兄ボロミアを回想するシーン。期待をかけられている兄。それに対して父親から毛嫌いされる自分。でも兄を尊敬している自分。その兄の死体がボートで寝かされで漂う姿。物語に深みが増しています。

もう、とまらない「王の帰還」も先行ロードショウの初回に予約して見てしまった。

それから勢いでスペシャルエクステッドエディションを買ってしまった。これもだいぶ話が付け加えられている。しかも1時間も。あれれ4時間半だよ。

う~ん。やはり映画は映画館でみたいもの。と思っていたところ、池袋文芸座でスペシャルエクステッドエディションを1日で3本上映すると。これは行くしかない!!

池袋文芸座は前日もオールナイトでやっていたみたいだけど、当日は満席で当日券なし。僕は当日券を求めようと思ったのだけれど、あれれ、しかたないと思っていたところ、劇場前に誰だか知らない人が「当日券譲ります。」と書いたメモを持って立っていた。「一番後ろでもいいですか?」とその人。池袋文芸座を行き尽くしている僕は知っている。新文芸座はスクリーンが大きいので後ろの方が見やすいのだ。すぐに3千円で券を譲りうけ、劇場へ、と思ったが一日は長い。近くのコンビニに行き、昼飯用の食料を調達。

劇場は満席。ロビーは大きなポスターが飾ってありました。写メでとる人が多い。

席に座ると、予告なしで始まる。

ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション DVD ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2002/12/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション DVD ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめました。

とりあえず。

はじめました。

なんとも困ったことに、そんなに書くこともないのに。

ではでは、頑張って書いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »