« ロード・オブ・ザ・リングの一日(後編) | トップページ | 音楽 シャーベッツ »

2006年4月30日 (日)

舞台 秘密の花園

さて、今日は久々の芝居「秘密の花園」を見てきました。

場所は北千住にある、1010シアターです。

この舞台、唐十郎作、三枝健起演出、高橋康夫Pですね。

このトリオは知る人ぞ知るテレビドラマの名作、「安寿子の靴」、「匂いガラス」、「雨月の使者」の作者ですね。

僕もこの一連の作品はとても大好きなので、今回見に行ったのです。

三田佳子(高橋Pの奥さん)演ずる一葉は、日暮里のアパートに住むキャバレーの女。夫がいながらも、アパートには松田洋二ふんする明彦がいつもいる。なぜなら明彦の給料が目当てのようですね。この二人を中心にキャバレーの常連客で一葉を好きな男、また、彼女の主人である大澄賢也など一癖もふた癖もある人たちが登場する。でも、台詞が過剰なので僕にはあまり理解できない。(悲)

でも、東京の日暮里にあるアパートのセットは情緒があります。無造作な木の緑に囲まれアパートのとなりの坂。夕日の映える緑。アパートの向こうの橋。俗なキャバレーで働く、これしか生き方をしらない女と、その女をなぜか聖のようにとらえる明彦。明彦が女に与えようする指輪は、あねからもらったもの。そしてその指輪には姉のイニシャルが。明彦は転勤で大阪へ。それは二年の一葉との別れ。そして大阪にはフィアンセが。わかれを告げたそのとき、トイレに行き、首をつる一葉。

そのとき、ドアからは、一葉と同じ顔の女、もろは(明彦の姉)が弟を迎えに現れる。

姉は言う「一葉の中に私を求めていたのでしょう。」

一葉のいないアパートに居続ける明彦。姉のイニシャルを指輪から消そうする。消すためには、アパートの横の坂の先にある硫酸の泉の傍らに咲く勝負の葉だけが消すことができる。ある雨の日に一葉になった、もろはが明彦のところに来る。その葉を持ってきて指輪を明彦から奪おうとする。すんでのところで奪えなかったもろはは、川に落ちる。そこに一葉がくる。取れない指輪を取るために自転車のチェーンで、指ごと切っていた・・・。

俗な世界のなかにファンタジックな世界が融合。一人二役の三田佳子の演技が面白い。とくに、明彦役との松田洋二とのやり取りには、東京の日暮里という古くからの俗な世界がなんとも情緒がこみあげてくる。

ちょっとわかりずらい所はありましたが、なかなか見ごたえあり。僕はできるなら、もう一回みたいと思いました。

関係ない話ですが、幕間の時間にタバコを吸いに喫煙しつにいると、前の席に美人さんが。誰だろうと思いみてみると、なんと宮沢りえ。そして「ママ、ママ」言っていたけど、その隣には、りえママ。あまりじろじろ見ると悪いのでやめましたが、さすが美人でした。ちょっと太めのりえママと、りえちゃん。こちらも聖と俗の世界でした。(ごめんなさい!)

|

« ロード・オブ・ザ・リングの一日(後編) | トップページ | 音楽 シャーベッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/1619739

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台 秘密の花園:

« ロード・オブ・ザ・リングの一日(後編) | トップページ | 音楽 シャーベッツ »