« 映画 「香華」-「sayuri」より前の誇るべき日本映画 | トップページ | 映画 「ニューワールド」 久々の打ち切り映画 »

2006年5月 3日 (水)

映画 「隠された記憶」

渋谷ユーロスペース。

あれ、こんなところに移ったんだ。円山町。周りはホテル街。いや~疚しさがあるわけでないけど、ここを一人で歩くのは恥ずかしい。

新しいユーロスペースで見たのは「隠された記憶」。ミヒャエル・ハケネの新作、ジュリエット・ビノシュが出ているというそれだけで、なんの予備知識もなく見に行ってしまいました。

冒頭から淡々とした、これといって特徴のない街の風景が延々と映し出される。だいたいハケネや、アンゲロプロス、アトムエゴヤンの映画は眠くなる。またこのタイプの映画だ。と思っていると、人が家から出てきて去ったところで、映像が巻き戻される。あれ、今までみていた映像はビデオだったんだ。そう、これは主人公の所に送られてきた、ビデオ。しかもどうやら主人公の家を延々と監視カメラのように写しているだけ。特に脅迫状もあるわけでない。次に送られてきたのは、また知らない場所の通り、そして団地の廊下。しかも今度は子供が書いた口から血を吐き出すような絵がついていた。さすがにだんだん恐怖に変わってくる。そして主人公は、子供の出来事を夢で思い出す。奥さんにも言えず、一人ビデオで撮られていた団地にいく。そこにいた男とはどうやら知り合いみたいだ。ビデオの件を問い詰めても知らないという。しかもお互いあまりよく思っていない・・・。数日後新たなビデオが届く。それは男を訪ねていた主人公のやり取りがそのままビデオに撮られていた。しかもそれは、家族だけでなく、会社の知り合いのところにも届いてた・・・・。

という風に観客は初めからずっと??????といった形で映画をみることになる。誰が一体、なんのために、子供の頃にあったことって、あの男とどう関わりがあるの?っとだんだん引き込まれていく。でもある程度テンポが淡々としているので、睡眠不足だとちょっと辛い。だがこれが意外にスリリングさを大きく引き出しているから不思議だ。

しかしとてもネタバレになるが、恐ろしいことがおこる。それは男ともう一度あったときだ。なぜ?どうして?そうなるのか?なんおためにそんなことをするのか?いままでしてきたことはどうなるの?といった考えが最後まで、最後まで頭から離れない。そこには人種差別の背景があるようだが。主人公は人を殺したわけでもないけれど、ある罪を背負ってしまう。それが復讐なのか。ラストちかく男の息子は主人公に言う。「疚しさですよ。それをわかって欲しい。」隠された記憶を暴くことでなんの意味があるのか?書こうと思えばいくらでも書くことができる。でもそんなことはもはやこの台詞で意味がなくなる。なぜならこの疚しさをメインにいくらでも、考えは広がっていくからだ。さすがハケネ。観客に問わせる見事な構成だ。

結局最後までビデオを送ったのは誰か?とうことは僕には全くわからなかったし、ポスター等に書かれていた、衝撃のラストカットの意味もわからなかった。(知っている人がいたら教えてください!!!なんだかんだ言っても気になる)

あとジュリエット・ビノシュ、年とったね。また汚れた血のような演技がみてみたいけど・・。

ある意味「ユージュアル・サスペクツ」や、「カル」と一緒でもう一度見たくなることは間違いない。でもこれらの作品と違ってテンポが淡々としているので今度は睡眠をたっぷりとってね。

明日はカフカの「城」が最終上映となるみたいなので、9時40分に渋谷にいけるか、睡眠も心配だけれど、せっかくの機会なので見たいと思います。

|

« 映画 「香華」-「sayuri」より前の誇るべき日本映画 | トップページ | 映画 「ニューワールド」 久々の打ち切り映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/1666607

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「隠された記憶」:

» 隠された記憶 [わかりやすさとストーリー]
●人が人であるための過程=人生の時間と機会を提供する作品●「楽(ラク)」を「楽しい」と感じるならばツマラナく、「楽(ラク)」を「ツマラナイ」と感じるならばこの上なく堪能できる。... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 16時18分

» 「隠された記憶」何気ない日常の裏には恐怖が潜んでいるのかもし... [soramove]
「隠された記憶」★★★ ジュリエット・ビノシュ、ダニエル・オートゥイユ 主演 ミヒャエル・ハネケ監督、2005年、イタリア オーストリア ドイツ フランス 穏やかな普通の暮らしをしている家庭に 届けられたビデオテープ。 そこにはその家族の家の様子が録画されて...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 1日 (火) 21時56分

« 映画 「香華」-「sayuri」より前の誇るべき日本映画 | トップページ | 映画 「ニューワールド」 久々の打ち切り映画 »