« ライブ Johnny Hell Tour 日比谷野音ライブ 浅井健一 | トップページ | 読書 新宿鮫 風化水脈・狼花 »

2006年10月23日 (月)

映画「父親たちの星条旗」

<<ネタバレというか、映画の内容に触れていますので、これから見る方は気をつけてください。あしからず>>

今年の東京国際映画祭 オープニングに行ってきました。オーチャードホールです。

この作品はすごいです。今年の中の傑作であることは間違いないですね。この映画は戦争映画というジャンルには留まらないですね。戦争はひとつのファクターです。

あまり難しいことはみゅうにはわからないですが、この映画を見て感じたのは「英雄がいかにしてまつりあげられ、その人たちの苦悩、罪悪感」が大きなテーマにあるのかな。

それは「ミリオンダラーベイビー」が拳闘だけの映画でないのと同じです。

アメリカの方が2万数千人死傷者の死傷者で日本より死傷者が多く、第2次大戦の中では一番死傷者数という、硫黄島の戦い。(死者については、日本兵の方が2万2千人いて、2万人強亡くなって、アメリカは7千人ということから、日本兵は全滅。アメリカは物量、後方支援によって島を取り上げたいうことですね。いかにすごい戦いだったかということが数字でもわかります。)

すり鉢山に星条旗を立てた6人。その写真は星条旗が2回目に立てられた写真で、その写真が新聞に取り上げられ、国民の戦意高揚に持ち上げられる。旗を立てた3人が、戦いの途中で本国に呼び戻され、英雄扱いされ、戦費拠出のための国債販売の一役を買うことになる。

映画は、フラッシュバック形式で進んでいきます。本国に帰った3人が国債販売のツアーをまわる場面、硫黄島の戦闘場面、さらに現代の場面。この3つの話が見事に融和している。

冒頭近くにあった、ソルジャー球場で、すり鉢山の頂上の模型が作られ、そこに3人で旗を立てるシーンがあり、旗を立てた瞬間、球場全体が盛り上がるシーンがある。花火が打ち上げられてその音が戦闘シーンの中でのように。

しかし、実際には旗をたてた後も戦闘は続き、旗を立てた6人のうち、3人はその後の戦闘で命を落とす。この旗を立てた時にまだ、勝ったわけではない。一人はネイティブアメリカンなので、差別を戦場でも、帰国後も受ける。一人はメッセンジャーボーイで実際に戦闘には出ていない。もう一人は自分は決してヒーロではないと悩む。さらに、死んだ3人のほうは、別の人間が旗をたてたことになっていて、本国では、旗を立てた死んだヒーロをいうことになる。生きている3人は、おかしいと上部の者に言うが、もう決まったことと、とりあわず、その母に会ってあの写真のあの人があなたの息子です。と言わされる。

戦争の矛盾をみごとに出している。冒頭のシーンでは、「衛生兵!」と叫ぶ仲間を助けるために、別の場所に無理やりにいき、そこで仲間を助けているが、日本兵がそこに切りつけてくる。それを銃剣で突きさし殺す。このシーンだけでも戦争の中にある命の矛盾がさりげなく、胸に迫ってくる。

そんな戦闘シーンと、祖国を英雄あつかいされ回るシーンが交互にきたときの悩みの頂点で、またあのソルジャー球場でのまやかしの見世物が、3人がそれぞれの戦争が頭によぎりながら、花火とともに旗を立てる。このシーンが再びでてきたときには、涙がでてくる。

脚本がうますぎる。フラッシュバックという手段はすごく危険で、話が混乱するだけに陥る可能性があるが、効果的に構成されている。見事すぎる。

話をリアルにするためにも戦闘シーンもすごい緊張感。硫黄島への艦砲射撃後の上陸では、上陸したのち、島全体をトーチカにした日本兵の戦い方が見事に描かれている。島を5日で陥落させるどころか、上陸直後は日本兵の的となるだけ、しかも逃げるための隠れる場所もない、そして首が飛び、手が飛び、足が飛び、兵士の恐怖が見事に描かれている。その後はすり鉢山からの俯瞰の視点で米軍を見ると、わなにはまったウサギ状態があきらかになり、さらに恐怖は増す。これはノルマンディ上陸作戦を描いた「プライベートライアン」を凌いだ描き方。(プロデューサーはスピルバーグだけどね。)

戦争映画でよく言われるのは、戦争の相手を正しく描かれた映画がほとんどない。というより、相手を描かれないこと。これに対して大島渚はよく「戦メリ」で双方を初めて正しくやったと豪語している。今回も日本人はほとんど登場しない。

しかし、クリントイーストウッドの違うところは、もう一本「硫黄島からの手紙」という日本側の視点で、もう一本つくっているのである。これがどのような内容かは、今回誠実に作っているイーストウッドの作風をみれば、すごく期待ができる。栗林中将がこの戦闘に反対していたことなど、また地下を掘って、米軍をきりきりまいさせたこと、そして人間的にどのように描かれているか、しかもハリウッド映画としては異例の日本語がベースとなっているとのこと。

故、黒澤明は、スピルバーグが「メモリー・オブ・ゲイシャ(後のSAYURI)」を作りたいけどアドバイスをくれといわれて、言葉は英語じゃだめ。日本語の映画でつくれ。と言ったそうだ。

クリントイースト・ウッドは見事にそれを実践した。(やはりスピルバーグがプロデューサーだからか?それだけでないでしょうね。イーストウッドは聡明だ!!)

こちらも早く見てみたい。

それにしても、「ミスティック・リバー」「ミリオンダラーベイビー」と連続でキネ旬1位をとっているが、僕は来年もこの映画で三連覇となってしまう気がします。また、音楽も完全にイーストウッドの曲。前2作と同じような音楽でした。この音楽も心に染みる!!

|

« ライブ Johnny Hell Tour 日比谷野音ライブ 浅井健一 | トップページ | 読書 新宿鮫 風化水脈・狼花 »

コメント

はじめまして★
以前にもtbさせて頂きました。
映画検定2級ですか~~~私は、日本映画殆どみませんから(黒澤以外は)駄目ですね(笑)
この映画は、良さそうですが、凄い新事実なるものがsapioに出ていて実は、ショックなんですよ~涙)しくしく・・・・
お写真、素敵ですね♪空気が留まってる一瞬がいいなぁ~~って(*´▽`*) 

投稿: roko | 2006年10月28日 (土) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/3923347

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「父親たちの星条旗」:

» 映画祭だよ★おもしろCM★ [世界おもしろCMランキング]
R25でも取り上げられた、巷でうわさのバイラルCM。笑えるCMが満載ですよ☆ ※音が出ますのでご注意ください。 ※ちょっと過激なCMもありますので、お子様の閲覧には十分ご注意ください。 [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 13時47分

» 「父親たちの星条旗」試写会 [Thanksgiving Day]
中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でやるような金属探知器によるボディチェックまでされたので、いけな....... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 03時00分

» 硫黄島の名将の死の真相「SAPIO」より [ひねもす ROKO BLOG]
私のMILITARYのコーナーで取り上げていたアメリカからも名将と絶賛された硫黄島の戦いの総指揮官で「散るぞ悲しき」「玉砕司令官の絵手紙」の栗林中将の最期についての新事実なる証言が「SAPIO」に掲載されていました。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 18時18分

» 硫黄島からの手紙 [http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf]
硫黄島からの手紙情報満載です! [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 11時20分

» 父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている [シカゴ発 映画の精神医学]
 クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 昨年の「ミリオンダラー・ベイビー」で、イーストウッドの監督としての力量にノックアウトされた私は、早速鑑賞...... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 14時41分

» 父親たちの星条旗  [花ごよみ]
この映画は二部作のうちの最初の一作目。 アメリカからの視点で描かれている。   次に公開されるのは日本側からの視点で、  タイトルは『硫黄島からの手紙』。   監督はクリント・イーストウッド。   原作は、英雄とされた兵士のうちの一人、 衛生兵ドクの息子によって書かれている、 上陸シーンはまるで 「プライベートライアン」を思い起こします。  硫黄島はアメリカ、日本 どちらにとっても大事な戦略拠点。 日本�... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 05時47分

» 『父親たちの星条旗』を観たよ。 [【待宵夜話】++徒然夢想++]
シェアブログ1571に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。 「クリント・イーストウッドの監督作」とは知らずに観てみたかったな、と実は思う。 『父親たちの星条旗』 原題:"FLAGS OF OUR FATH... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 12時08分

» 「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておくほうがいいだろう。... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 15時07分

» 「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 09時37分

» 「父親たちの星条旗」 レビュー [「USAのんびり亭」映画情報 ]
第二次世界大戦でも最大の激戦の一つであった硫黄島の死闘にまつわる一枚の写真に関わ [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 14時29分

» ■週末の学び10/27「硫黄島」〜父親たちの星条旗−硫黄島からの手紙〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
超話題作です! いよいよ封切りです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時41分

» 「散るぞ 悲しき」硫黄島総指揮官・栗林 忠道 [ひねもす ROKO BLOG]
先日、ご紹介した「玉砕司令官の絵手紙」栗林 忠道陸軍中将の最後の戦闘の場となったあの、小笠原諸島の硫黄島でフィリピンや南方の拠点・制空権をアメリカに制圧され空母も航空機も物資も尽きてきていよいよアメリカに拠る日本本土の空爆攻撃を硫黄島で死守すべく「大本...... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 23時21分

» 父親たちの星条旗 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリー・ペッパ... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 14時06分

» 『硫黄島からの手紙』12月9日公開 [多部未華子【多部未華子画像・動画・映画】]
あらすじ&キャスト詳細→ [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 15時38分

» 父親たちの星条旗 [ネタバレ映画館]
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。 [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 01時24分

» 父親たちの星条旗 [映画、言いたい放題!]
特別試写会のハガキが送られてきたんですけど 封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて 果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。 適当に応募したのが当たったのか? それすらも忘却の彼方。 でもラッキー。(^^) 太平洋戦争末期の1945年2月、硫黄島。 日本の領... [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 12時43分

» 父親たちの星条旗 [欧風]
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 21時44分

» 【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 17時23分

» 映画「硫黄島からの手紙」鑑賞券プレゼント! [はがきによる懸賞情報]
懸賞:12月9日公開の映画「硫黄島からの手紙」鑑賞券を50組100名様にプレゼント! [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 20時14分

» 「父親たちの星条旗」見てきました [よしなしごと]
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 03時26分

» お薦め映画『父親たちの星条旗』 [ひねもす ROKO BLOG]
この映画は今年8月20日に90歳で無くなった米の従軍カメラマン(AP通信)ジョー・ローゼンタールのピュリッアー賞を受賞した余りにも有名な写真。その擂鉢山で米兵達の指揮を高める為に山の頂上に掲げた「硫黄島での国旗掲揚」に関わりカメラに収まった6人の兵士を...... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 22時28分

« ライブ Johnny Hell Tour 日比谷野音ライブ 浅井健一 | トップページ | 読書 新宿鮫 風化水脈・狼花 »