« 映画検定受験!! 1級合格 | トップページ | 映画 「ディパーテッド」 »

2007年1月21日 (日)

映画「火星のカノン」

4Thメディアでなにかやっていないかと検索していたら、「火星のカノン」という映画がやっていたので、見ることにした。

「火星のカノン」の監督さんは風間志織さんといいます。この人は知る人ぞ知る女流監督さんなのです。

確か18歳(高校3年生在学中!!!)の時に「0×0(ゼロカケルコトノゼロ)」という自主映画を作りぴあフィルムフェスティバルに出品し、なみいるセミプロの人たちを抑えて、第一回ぴあスカラシップをとった人なのです。

このぴあスカラシップというのは・・・まあ、下記のURLを見てください。

http://www.pia.co.jp/pff/scholarship/index.html

いまだからわかる監督さんがチラホラといるでしょ。(「悪夢探偵」の塚本晋也や、「ウォーターボーイズ」の矢口史靖、「フラガール」で今年の賞を総なめの李相日、等等)

しかし後にも先にも現役高校生が受賞というのはないみたいです。

野球でいえば、早稲田実業の斉藤や、駒大苫小牧の田中みたいなものですね。(いいたとえではないですね・・・・)

といっても、スカラシップ以降で作った映画は、わずか4本。その風間志織さんは現在どうやって食べているでしょうか?と普通の疑問がわきます。結構、イラスト等もかける人なのでそれでなんとかやっているのでしょうかね。

まあ、知り合いでもなんでもないので余計なお世話ですね(笑)

映画はとてもいいです。しずかな映画で、カメラはいつもFIX。ズームもなし。淡々と物語が進んでいきます。

火曜日にしか会えない、妻も子供いる公平(小日向)と絹子(久野)との不倫カップル。そして、絹子の以前の職場の後輩の女性、聖(中村麻美)。この人たちが織り成す人間関係が思い切り面白い。

<ネタばれしてますので、注意ですよ。>

絹子に執拗に「別れてください。不倫はよくありません!」といさめる聖。ある夜に絹子が「なんでそんなにしつこくするの」のような台詞を言ったあと聖が絹子のことを好きとわかってしまう。そんな聖に向かって「気持ちわるい」の一言を残して去っていく。

すごい残酷なシーンだ。

また、ラスト「これからずっといっしょだよ」と公平と抱き合っている夢を見て、なきながら起きてしまう。そばにいた聖が「なにかあったの?いやな夢でもみたの?」と聞くと、「いいえ。とても幸せな夢をみたの。」と絹子が答える。

これもものすごく残酷だ。

とても台詞が大切に生かされていて、なんいもない風景だけれど、とても綺麗に、丁寧に撮っているのが女性らしい。

とくに大きな修羅場があるわけでないのだが、すごくリアルなところがまたすごい。

(まあ、みゅうは結婚しているわけではないので、リアルにはわからないですが(笑))

|

« 映画検定受験!! 1級合格 | トップページ | 映画 「ディパーテッド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/5024455

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「火星のカノン」:

« 映画検定受験!! 1級合格 | トップページ | 映画 「ディパーテッド」 »