« 傑作なのに知られていたない映画4 「紀子の食卓」  | トップページ | 背中6 »

2007年4月30日 (月)

映画 「BABEL」 

ユナイテッドシネマとしまえんに行って見てきました。それにしてもこの映画館、いつも観客がいないような気がするけど、大丈夫なのか?

<ネタばれがありますので、注意してください。>

さて、バベル見てきました。監督は、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。

この監督は、東京国際映画際で「アモーレス・ぺロス」をみたときから、力強い感じの作品をつくるなと思っていたのですが、「21g」も「バベル」すごい力が強い映画でした。

物語はひとつの銃弾によって4つの話が交差する。モロッコの羊飼いの家族が銃を手に入れる。日ごろ羊に被害を加える、ジャッカル対策のため。そして羊飼いの兄弟が銃のなにげない扱いによって、当たるはずのないバスに向かって銃をむける。

そのバスには、子供を亡くしつながりが薄くなった夫婦が一組。窓側に座っていた夫人にいきなり銃弾が肩に当たる。モロッコの不安な田舎の中で、右往左往する夫。突然の出来事に、しらない異国の地で何とか夫人の手当てをしてもらえるところはないか、探してもらうが、実際ついたのは田舎の山村で、医者は獣医であった。

さらに、その夫婦の姉弟とともに留守をあずかる家では、ホームメイドが息子の結婚式に行かなければならないのに、夫人が銃弾に撃たれたため帰ってこれず、しかも代わりの人もこれない。しかたなく、息子のいるメキシコに子供たちをつれていく。

そのころ東京では、口の聞けない高校生チエコは父親とのコミュニケーションをとれずにいた。やがて彼女のは、仲間とともに酒をのみ、薬を飲み、モウロウとした感じで渋谷の町をさ迷う。

メキシコに着いたメイドは、息子の結婚式を終えて帰る途中、車を運転していた甥っ子が酒を飲んでおり、メキシコ国境で警察につかまりそうになり、突然車で逃走し始める。しかも夜の夜中にメキシコ国境付近でメイドと姉弟は車を降ろされてしまう。

モロッコでは、アメリカ人襲撃のテロというニュースが流れる。身の危険を感じた兄弟は銃を隠すが、父親に見つかってしまう。その銃をどこかに処分をしようと思っているときに、現地警察に囲まれる。銃を持っているために狙撃される。ここで兄弟の兄の足が撃たれてしまう。その状況に激高した幼い弟は、もっていた銃で警官を狙撃する。必死に止める父、なりふりかまわず撃つ弟。しかし兄の体に決定的な銃弾が。弟はさけぶ。「僕だ。僕がバスを撃ったんだ。!!」銃を壊し、手を上げる。兄のところには父親がなきがらを抱いて泣いている。

アメリカ人夫婦は、モロッコ政府のヘリがやっと飛んできて、なんとか病院にいくことになる。ヘリが来るまでの時間に傷ついた夫人を抱きかかえながら小用をする場面には胸を打つ。

東京では、好きな男が自分の親友とキスをしているのを見た、チエコは家に帰る。そこに父親を訪ねてきた刑事を呼ぶ。チエコは刑事に母親は、この高層マンションから落ちたと説明する。刑事はそんなことを聞きに来たのではないという。父親が持っていた銃がモロッコで事件になっていると伝える。ここでチエコは思いもよらない行動ででる。全裸でいきなり刑事に抱きつくのだ。

メキシコ国境付近では、取り残されたメイドが子供たちのために、一生懸命ハイウェイを探す。パトカーを見つけるが、不法就労で捕らえられてしまう。しかも子供たちは待っていてくれといった場所にはいない。子供は別の場所で奇跡的に見つかったようだが、不法就労のメイドはそのまま、強制送還されてしまう。

東京では、父親がマンションに帰ってくる。ロビーで刑事と会う。モロッコの銃はあなたのものですか?と聞く。おそらく私が渡したものという父親。ここで刑事はまるで世間話のように、奥さんは飛び降り自殺だったんですね。という。父親は、「家内は、銃で頭を打って自殺をしたんです。しかも娘の前で。この件については、警察に十分話してある。もういい加減にしてくれ!」という。

最上階のテラスには、裸の娘が立っている。やさしく抱きしめる父親。泣くチエコ。

こんな話になる。今回は、21gよりかはわかりやすい。

しかしひとつのさりげない出来事が、4つの家族のそれぞれの物語を見事に作り上げる。しかもひとつひとつが心にしみてくる。

やはり菊池凛子はすごい存在感。これは文句なし。目での演技がすごい。またメイド役の女性も見事な存在感。これは見ていてどんどん不安にさせるリアリティがある。

あまり日本では騒がれていないが、メイド役の女性も菊池凛子と共にアカデミー助演女優賞の候補だってことを忘れてはいけない。

脇がうまい映画はみんな面白い。つまり行き届いているからだろう。昨年では、「武士の一分」の笹野や、「雪に願うこと」の佐藤浩一、「紀子の部屋」の光石研なのでわかる。

この映画、菊池凛子が現在ファッショナブルにマスコミに紹介されているが、その勢いで見ることはおそらくギャップを受けるでしょう。ブラピが出ているから、ケイトブランシェットがでているから、ということで見に行き、娯楽の一種としてみるとショックを受けること間違いなし。

菊池凛子は、刑事の前に全裸になったり、行き着けの歯医者では、治療中に歯医者の顔をなめたりする。寂しさを体全体で表現しているのだ。この辺は、変な誤解が出てきそうな気がするのが心配だ。

リアリティがありながら、どこか不思議な力でつながっている、ファンタジックな寓話のような映画だ。

|

« 傑作なのに知られていたない映画4 「紀子の食卓」  | トップページ | 背中6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/6260942

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「BABEL」 :

» ブログみました [障害者の仕事は]
障害者ですがブログ研究中です。 突然、の訪問、しつれいいたします。 いろんな、ブログをみさせていただいて、社会自立したく考えております。 [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 20時26分

« 傑作なのに知られていたない映画4 「紀子の食卓」  | トップページ | 背中6 »