« 2007年7月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

実録 連合赤軍 あさま山荘への道程 映画によって彼らを総括しているのか?

テアトル新宿 218席の劇場は、午前11時だというのに、満席。しかも3時間超えるからだろうか、料金は2千円。(ならば、千円の映画とかもやっているのでしょうか。この劇場は?)

それにしても、力作でした。3時間10分なんか、あっと言う間でした。すこしもだれることがない。まったく疲れをしらない映画でした。

私は、この時代に何があったのかは、何も知らない。生まれたのも1967年だったから。よく先輩から聞いたことがある。「あの時代は、学生同士でよくこんな話あったよ。君はベトナム戦争をどう思う。戦線から遠く離れているけれど、日本も加担しているんだよ。」当時の話はよくわからないけれど、この話を聞くとすこし緊張が走る。彼らは、自らで世界を変えていきたかったのだろうか。

坂本竜馬のようになりたかったのでしょうか。

少なくとも、世界に疑問を感じ、正していきたいと思っていたみたいだ。ただし、その行動は次第に過激になっていき、敵を敵としてはっきりさせて、果ては自分たちの同志さえも、総括の名のもとにリンチを加え、殺していく。

関連する映画として、「光の雨」があるが、こちらも見ている。

両者は、同じだとおもっている。それはいろいろと言いたいことはあるようですが、実際映画を見た観客としては、客観的に同じだ。

高橋判明も映画つくりをやめるつもりで作ったと言っている。こちらは、連合赤軍がどうだというゆうより、焦点を山岳アジトでの総括においている。若松孝二は、どうも作り方が「メイキングをつくっているようだ」と気に入らないみたいだが、僕はそうはおもわない。たしかに、光の雨は、大杉蓮ふんする監督が途中で失踪する。かつて自分も活動していたが、途中逃げてしまったこと。そして逃げていなかったから、彼らと同じようになっていたということ。明らかに、現代から過去の事態を向き合おうとしているが、映画の中でさえ、彼は逃げ出してしまうのだ。その話とともに過去の話が映画の中で進んでいく。

このときの、山岳アジトのシーンには両方の映画にも差があるとは思えない。彼らが、なにをおこなってきたかということ。

ただし、山岳アジトのシーンの前に安保闘争からの歴史はわかりやすかった。さらに、その後のあさま山荘の中の描写もすごかった。

あさま山荘の中で、高校生の男の子は「勇気がなかったんだ。僕たちは勇気がなかったんだ。」と叫ぶ。

日本の中で何かを変えようとした人たちが、たどりついた終焉。

でも、その後革命運動はなりをひそめてしまっている。

いま、世の中を見回すと、富裕層の2割の人が、8割のお金をもっている。

バブル崩壊を迎えて以降、勝ち組と負け組のはっきりする世の中で、中流層といわれる人々が姿を消したと思われる。(みゅうは、中流っぽいが。)

ただ、何かを変えてなんておもえる人がどのくらいいるのだろうか?(自分も含めて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

「サッドバケーション」 旅の果てに・・・ 

青山監督の最新作。早稲田松竹でみました。

<ネタバレありますので注意してください>

なぜ、デビュー作にこだわるのでしょうか?

「HELPLESS」から、「ユリイカ」に続く、3部作の最終章のようだ。

母親への復讐と奇妙な因縁。

話はわりと面白いといえば、面白いのですが、、、、。

子を捨てた母の罪、母との再会そして同居、その母に育てられた弟との確執、兄の連れてきた女を犯し出て行く弟、弟と確執のあげく殺めてしまう兄、そんな兄を許す母。

すごい話なのだが、長いと思う。しかもドキュメンタリーの様な撮影をするので、リズムが平坦でなぜか眠くなる。

やはり青山監督、最高傑作の「ユリイカ」を越えるものが創れないですね。

青山監督は、逆にこの「ユリイカ」を創ってしまったがために、苦しめられているのではないでしょうか?

「ユリイカ」自体は大変好きなのですが、青山監督の他の作品はどうもなのです。意外におもしろかったのは、「濱マイクシリーズ」の一編ですね。また仙道プロデューサーと組んだ方がいいのではないでしょうか?

なんて言っていますが、黒沢清監督と並んで、青山監督のファンである、みゅうなのでした。次回作がいつも気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

「転々」 ちいさなロードムービー

早稲田松竹で見ました。

これは、あまり期待もなにもしていなかったのですが、大変おもしろかったですね。

もともとみゅうは、散歩大好き人間で、よく歩き回ります。

老後、夫婦でただ、歩いていたい。。。

という福原(三浦友和)の気持ちもすごくわかります。

吉祥寺から警視庁まで歩く。井の頭公園、調布の飛行場、阿佐ヶ谷、

もともと文哉がいた家にいくと、そこはまっさらの更地。「思い出はコイン駐車場に変わってしまうのだよ」と呟く福原。本当にそう。

みゅうの生まれ育った場所も、いまでは全く別の街。というかひとつひとつ皮を剥がすように、一軒一軒無くなったとおもったら、別の街がいきなり表れてくる。

渋谷、新宿、なぜか東の方に行って隅田川を渡る。浅草まで行って最後は桜田門の警視庁。どこも皆見たことがある風景。

その中に、親子のような情、仮面家族のような、けれども本物の親子よりも絆が強くなる。

文哉(オダギリジョー)がジェットコースターに乗った事が無くて、の言葉にみんなで乗ったのが花やしきのジェットコースター。なんかやることは、世の中を変えるような大きな事は起こらないのだけれど、揺らすココロはとても大きい。

この映画、小道具というか、小ネタというか、多くてでも自然でいい。一番気にいったのは、『「岸辺一徳」に街で会うと幸せになる。』といって、本人が眼鏡屋の店先で、眼鏡を洗っている等淡々と出てくるところも凄く好きです。

三木聡監督は全く知らなかったのですが、「時効警察」を作った人なのですね。

三浦友和も、オダギリジョーも良かったです。役を楽しんでいるようにも思えました。

また、この映画にも吉高由里子が出演しているのですね。「紀子の食卓」に出ていた人ですが、なかなかいい映画にでているのだな。なんておもっていたら、この人蜷川監督の「蛇にピアス」で主演を演じるのですね。頑張ってください!

次回作が凄く気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

何処へ(いずこへ)

021

確かに聞いたんだ。誰かが、その先に連れて行ってくれるって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉の中の砂漠

001

僕の胸の中にある砂漠。

君の中にある泉。

だから見えないように、空で覆い隠していたんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

「パフューム」 香水作り

「パフューム」を見ました。WOWOWで録画していたものです。

以前、こちらで書いた女の子3人ユニットのpufurmeとは違います。(^^+

以前書いた3人ユニットpufurmeについてはこちら

http://myukozo.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/perfume_22d6.html

(あのユニット結局売れてきましたね!!!以前書いていた時には秋葉原のマニアのみしか知らなかったのに。)

さて、この映画についてですが、これはまたすごいですね。

すごくいやな匂いしか、頭の中に残りません。

ファーストシーンの赤ちゃんを生むシーンから、皮なめしの作業場で奴隷のように働かされるシーンや、最初に女に人に会ったシーンから、ラスト近くの一大幸福(?)の世界まで、なにしろいやな感じの匂いしか残っていません。

それにしても、映像の力はすごい、また一気に見せる力もすごい。

それだけでも、一見の価値がありますね。

この監督の次回作はぜひ見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「長江哀歌」もう二度とないロケーション

さて、久々に作品についても書きます。

<ネタばれありますのでご注意ください>

新文芸坐にて見てきました。

とっても長い映画と思っていたので、覚悟をしていたのですが、眠くはならなかったです。

結論から言って、期待以上でも期待以下でもありませんでした。

三峡ダムに沈む街の人々の話と聞いていたので、たぶん取り残される人々の哀愁の話かななんて、思っていたので。

話は単純。二つの話が同時に並行する。山西省というところから、一人の男が妻と子供を捜しにやってくる。16年前に別れたらしい。妻がいまいるところが三峡ダムのそばらしい。ところが、尋ねてきた場所の住所は川の中。

茫然とする男。案内してきた男に対し、だましたなと言い寄るが、「僕の前の家もあの船の下あたりさ。」といわれる。安宿を案内され、やがてダムの水の底になってしまう家々を壊す日雇い労働者となりながら、妻と子供を捜す。

同じころに、やはり山西省から、一人の女が、夫を捜しにくる。

こちらは、ダム建設に関連しての会社の立ち上げた人なのか、どうやら経営者の女性を愛人に持つくらいの成金になっているようだ。

女は夫と会うなり、すぐに別れを告げる。愛想が尽きたのか。時代に乗って行けない自分とのギャップのためか。

一方男は、妻と再会できたが、どうも地元の人に兄の借金のために嫁に行っているらしい。なので兄の借金をなんとかすればいいでしょう。といわれる。男は一年待ってくれという。男は、危険な炭坑の仕事をして金を作るつもりで、三峡の街をさる。別れ際に家壊しの仲間は、みんな「おれも山西省の炭鉱にいくよ。」「危険だぞ。死者がしょっちゅうでるのだぞ」「それでもいくよ。」という。

このセリフに、この沈んでいく街の人々の思いが、この街が沈んでしまうからという思いが強くこもっている。

映像はなにしろ、ドキュメンタリのように、淡々。ホウ・ショオシェンの映画のよう。覚悟していたので眠らなかったけれど、覚悟していなかったら、眠っていたかもです。

しかし、沈んでいく街並み、壊していく街並みというのがすごく哀愁をさそう。廃墟とまでいかない、廃墟になっていく次第をみせていき、それを物語にダブらせているところが凄い。

時々みせる、高い所にかかっている、恐ろしいほど大きな橋。

壊れていく街並み、すごく大きなダム(出来上がると世界最大!!!)ができていく姿がほんとにすごい。

しかも時々映像の遊びを見せる。廃墟の建物がロケットとなり飛んで行ったり、男が山西省に帰ろうとする姿の後方のビルで、綱渡りをやっている男がいたり。かといって、リアリティや、物語を壊したりしない素朴さが感じられます。

また、妻を捜しに来た男の話では、妻と子供なかなかみつからなく苦労しているのに、夫を追ってきた女の話では、妻を捜しに来た男の16歳の子供らしき娘がでてきたり、男の妻が何気なく出てきたり、面白さもある。

といっても映像と、この辺あたりで、ダムで沈む街のはなしであれば、日本には「ふるさと」という、神山監督で加藤嘉の主演で名作がある。こちらの方が感動です。

まあ、スケールは全く違うけれどね。

ちなみ三峡ダムは、世界最大のダムになり、中国が世界に誇るダムになるそうで、産業に通じる電力事情もだいぶ変わり、経済的に大きな影響をあたえるとのこと。

しかしその影で150万人以上の人が移転を強いられていて、さらに三国志など、歴史的遺跡も沈み、さらに杜甫、李白が詠った風景も沈んでいくとのこです。

スケールの大きさには、わりに合わない庶民の人々の思いがこもっている映画だなだと思いました。

なにしろ二度とないロケーションの映画となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

最近、テレビ買う→WOWOW加入!

もう一年以上も書いていませんでした。

昨年秋に引っ越しまして。

ついでに、昨秋、テレビを42型のプラズマテレビを買ってしまいました!

まあ、安かったというものありますが、Panasonic ビエラのPZ700SKというやつですね。前の前のタイプですね。フルスペックハイビジョンで、サイドスピーカーのやつですね。

これが非常に満足です。個人の好みというのもあるのでしょうが、液晶のようなカーッ!!ていうシャープさではなく、ゆったりとした画面が丁度いいです。音もなかなかいいです。でもこうなると5.1CHを体験したくなって、衝動買いで、3万円のDENONのアンプ、スピーカを買ってしまいました。これもなかなか満足。

インターネットの光が引けないので、インターネットが仕事上間接的に必要とする私は、ケーブルテレビに加入し、インターネットを一緒にということで割引を効かせてもらっております。

ケーブルテレビは、個人的には、4thメディアの方が良かったですね。見ないチャンネルはでてこなかったから。

特徴的なのが、ケーブルテレビのSTB(セットトップボックス)は最近、HDD付きのものがあり、テレビを買った時に、DVDレコーダはHV放送を録画できないだろうし、近いうちにBD付きのHDDレコーダを買おうと思っていたので、それまでは、このHDD付きのSTBでいいやと思い、約千円を上乗せして使っております。

この場所にも引っ越して約2年しかいないつもりであるので、千円×24ヶ月=24000円くらいならいいかな。と思ったからですね。

映画好きの私としては、ついつい年末の旧作ガメラ特集につられて、WOWOWに加入してしまったのです。

なんといっても、ハイビジョン放送をしているのがいいですね。大きな作品はほとんど5.1ch放送もしているし。DVDを借りてくるより、やはり画像がいいのが、素人の私でも分かります。DVDを借りるコストを落として、WOWOWに加入してしまったのです。

映画は、あまり放送にはいいものは降ろさないというのが、基本だと思いますが、WOWOWでの一番の拾いものは、ドラマWですね。

年末に、昨年放映分のドラマWの4作を再放送してました。全部見ましたが、なにしろクオリティが凄く高い。麻生学、金子修介、水谷俊之、堀川とんこう、花堂純次、等の映画監督、テレビの有名ディレクターが、演出をしているのですね。個人的にすごく面白かったのは、以下の作品です。

「長い長い殺人」

「震度0」

他も良いのがあるのですが、個人的にこの2本は、ずば抜けていました。脚本、演出、役者、スケールがとても大きかったです。役者なんかは、基本的にオールキャスト!みたいに、すごく一流どころの人が何人も脇役で、出てくるのです。

何を映像化するのは、基本的には、ミステリーの本で売れているものを、映像化するようですが、軒並みクオリティが高い。いつの間にか、映画をみるより、こちらを期待するようになってしまったのですね。

ついに、井上由美子の「パンドラ」で連続ドラマに取り組むみたいですね。

まあ、今は、HDDが直ぐに無くなってしまうので、録画しては、消して、録画しては消しての繰り返しで、完全にHDDレコーダーに、私は振り回されている生活になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年5月 »