« 「転々」 ちいさなロードムービー | トップページ | 実録 連合赤軍 あさま山荘への道程 映画によって彼らを総括しているのか? »

2008年4月22日 (火)

「サッドバケーション」 旅の果てに・・・ 

青山監督の最新作。早稲田松竹でみました。

<ネタバレありますので注意してください>

なぜ、デビュー作にこだわるのでしょうか?

「HELPLESS」から、「ユリイカ」に続く、3部作の最終章のようだ。

母親への復讐と奇妙な因縁。

話はわりと面白いといえば、面白いのですが、、、、。

子を捨てた母の罪、母との再会そして同居、その母に育てられた弟との確執、兄の連れてきた女を犯し出て行く弟、弟と確執のあげく殺めてしまう兄、そんな兄を許す母。

すごい話なのだが、長いと思う。しかもドキュメンタリーの様な撮影をするので、リズムが平坦でなぜか眠くなる。

やはり青山監督、最高傑作の「ユリイカ」を越えるものが創れないですね。

青山監督は、逆にこの「ユリイカ」を創ってしまったがために、苦しめられているのではないでしょうか?

「ユリイカ」自体は大変好きなのですが、青山監督の他の作品はどうもなのです。意外におもしろかったのは、「濱マイクシリーズ」の一編ですね。また仙道プロデューサーと組んだ方がいいのではないでしょうか?

なんて言っていますが、黒沢清監督と並んで、青山監督のファンである、みゅうなのでした。次回作がいつも気になります。

|

« 「転々」 ちいさなロードムービー | トップページ | 実録 連合赤軍 あさま山荘への道程 映画によって彼らを総括しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/20458441

この記事へのトラックバック一覧です: 「サッドバケーション」 旅の果てに・・・ :

« 「転々」 ちいさなロードムービー | トップページ | 実録 連合赤軍 あさま山荘への道程 映画によって彼らを総括しているのか? »