« 最近、西武ドームに野球を見に行っています。 | トップページ | 阿修羅展 ぐるりと感動 »

2009年5月 8日 (金)

映画 東亜優(ヒガシアユ)に期待

GW中に見た「赤い文化住宅の初子」で見た東亜優が気になり、つづいてケーブルテレビで放送された、「16」も見た。

いままで見てきた、多くの大物女優さんが、初々しい時にそうだったように、東亜優も、そこに立っている姿が、生まれながらの女優である。

これまで同じ様に思ったのが、「愛のむきだし」の満島ひかり、「カナリア」の谷村美月、「檸檬のころ」の栄倉奈々、「ジョブナイル」の鈴木杏、「紀子の食卓」の吉高由里子、、「ユリイカ」の時の宮崎あおい、ちょっとまえだと「バタアシ金魚」の高岡早紀、映画とはちがうけれど、「匂いガラス」の仙道敦子、「1999年の夏休み」の深津絵里、みんなみんな凄い存在感と、立ち姿が少女でありながら、まさに女優であった。

「16」は仮想ドキュメンタリーのような手法で、実際に田舎から出てきて、プロダクションに所属し、「赤い文化住宅の初子」のオーディションの場面や、撮影風景もでてきます。でも16の時でないと撮れない少女の女優が生まれる瞬間を良く収めているとおもいます。

これは、「赤い文化住宅の初子」を見てからの方がいいかもしれませんね。

逆に「16」から見るのはちょっとつらいかもしれません。

どっちにしても、次にどうような作品にでるのかは楽しみですね。

|

« 最近、西武ドームに野球を見に行っています。 | トップページ | 阿修羅展 ぐるりと感動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/29514810

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 東亜優(ヒガシアユ)に期待:

» ルーキーズ [いい日記]
ルーキーズ [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 00時08分

« 最近、西武ドームに野球を見に行っています。 | トップページ | 阿修羅展 ぐるりと感動 »