« 映画 東亜優(ヒガシアユ)に期待 | トップページ | 映画 チェイサー <ネタバレは注意> »

2009年5月 9日 (土)

阿修羅展 ぐるりと感動

本日、阿修羅展に行ってきました。

だいぶ、メディアにて宣伝をしていて、人も多そうだったから、GWは行くのをためらっていたのですが、今日は思い切って行ってきました。

国立博物館でした。国立なのに入場料1500円はちょっととりすぎのような気がしますが、まあ、しょうがないか。

しかし、平成館に行く途中、出てくるの人の顔は皆、満足感が大きい。

どんなものかと、期待が高まってしまった。

平成館にいくと実際、今日も人が多かった。でも普段よりは少ないようです。

八部衆、十大弟子、と進んでいくと、その先に阿修羅像はありました。

僕は結構、ガラスに覆われているところを見るのかと思っていたのですが、さえぎるものはなにもなしです。

しかもびっくりしたのが、阿修羅のまわりを360度ぐるりとできるのです。さすがに人が集まって、じっくりとゆっくり、みな右方向にまわっていました。

僕もここで3周ほどまわってみてしまいました。

とてもきれいな顔が三面、腕が六本、でも耳は二つ。

正面のぼんやりした顔、きりっとした右の顔、後ろを回って、さらにきりっとして笑っているのか、怒っているのかわからない左の顔、そして正面に、戻るとなぜか、最初に見た正面の顔でなく見えるのが不思議でした。

あまり阿修羅の意味は無知識で知らないのですが、一周まわっての感想は、なんというか、なんにもしらない純粋な子供から、欲とか、怒りとか、そういったものを覚えて、最後に切なさがでてくるような顔に見えました。

像には、宗教的な意味が大きくあると思いますが、なんにも知らない私でもすごく心を打たれます。

これは、メディアで見るより実際に見た方がいいですね。

また、第二室にあった四天王像等もすごく、迫力がありました。

とても満足感の高いイベントでした。

入る前に、出てきた人たちの顔に自分がなっているのだろうなと、出てきたときに思いました。

|

« 映画 東亜優(ヒガシアユ)に期待 | トップページ | 映画 チェイサー <ネタバレは注意> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/29531129

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅展 ぐるりと感動:

« 映画 東亜優(ヒガシアユ)に期待 | トップページ | 映画 チェイサー <ネタバレは注意> »