« 阿修羅展 ぐるりと感動 | トップページ | 映画 ALL THAT JAZZ »

2009年5月10日 (日)

映画 チェイサー <ネタバレは注意>

新宿 シネマスクウェア東急で韓国映画「チェイサー」を見ました。

なかなかの秀作で、画面から目が離せないです。

「殺人の追憶」+「オールドボーイ」/2ってところですかね。

<以下ネタバレ注意>

警察の目をうまく、かいくぐりながら、猟奇殺人を繰り返す犯人。元刑事で、夜の女の元締めをやっている男が、元締めをしている女の子が次々と行方不明になっていて。風邪を引いている女の子を無理矢理仕事に出させて、彼女が犯人に捕らえられる。しかし女の子が行方不明になるのを、犯人が別の所へ売り飛ばしたと考えていて、仕事にやった女の子を追って犯人を見付けることになる。警察と元刑事の男は早くから、警察に捕まっている。しかし彼女の捕まえている場所の口を割らない。また現在行方不明になっている女の子も姿をあらわさない。証拠不十分で、なんと釈放されてしまう。まだ死んでいなかった女の子は、怪我をしながらも必死の思いで、脱出し、警察へ連絡入れるが・・・・。

まあ、スリリングでした。なかなか面白かったですが、「オールドボーイ」や「復讐者に憐れみを」を見るくらい、後味がスッキリしない。だって金鎚とノミですよ。ノミ。見ていて痛さがあふれてきます。

すごく面白く今季でベストの作品になるが、また見たいとは、思わない。

そんな作品です。

|

« 阿修羅展 ぐるりと感動 | トップページ | 映画 ALL THAT JAZZ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/29548601

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 チェイサー <ネタバレは注意>:

« 阿修羅展 ぐるりと感動 | トップページ | 映画 ALL THAT JAZZ »