« 傑作なのに知られていない映画 「ギャラクシークエスト」 | トップページ | レインボーブリッヂは歩ける »

2009年6月28日 (日)

備忘 映画 6月

6月10日 人間蒸発 ケーブルテレビの録画

ドキュメントなのに、ドキュメントでない。ラスト近くのやり取りはよくわからない。どんでん返しのつもりかもしれないが、どうもしっくりこない。

6月15日 グラントリノ (インドネシアへの飛行機)

イーストウッドは完全なる巨匠の領域ですね。俳優だけをやっていた彼の時から誰が想像できたであろうか。それにしても、頑固おやじ、かたくなの男は、昨年亡くなった自分の父を思い出す。でも僕の父は、”グラントリノ”は持っていなかった。ただ、不器用に30年以上同じ会社でやってきただけの男だった。でも家族中で誰よりも家族のことが好きで、誰よりも寂しがり屋だった。後年母の病気を機会に母の大切さを理解し、時々二人で都内を出かけるなんてこともあった。これも家族の中の誰もが考えもしなかったことだ。雪の日や雨の日に母が出掛けた時も、自宅近くの駅で2時間も母の帰りを待っていて、荷物を持って帰ったきたりしていた。なぜかそんな父を思い出させる映画でだった。

6月15日 ヘブンズドア (インドネシアへの飛行機)

長瀬は、脳の関係でしんだ人を見ているのだろうか。このあたりは感覚だけだとちょっとリアルさがないような気がしていた。どうもそのあたりが気に入らない気がする。福田マユコもどうもヘタウマっぽくてリアリティがないかな。

6月17日 20世紀少年第二章 (インドネシアからの飛行機)

うーんどうして面白くないのだろうか。原作はあれだけおもしろいのに。主人公の女の子がとても元気でかわいいのが救いかな。

6月27日 スター・トレック 池袋東急

(ネタばれありますよ)

途中話がわからなくなってしまったが(タイムパラドックスのあたり)二人のスポックが現れていいのだろうか、なんて思ってしまう。でもとても面白く見れた。テンポもいいし。エンタープライズ号が出てきたときは、拍手がしたくなった。つっこみどころは満載ですが。でも素晴らしいではないですか。たしかテレビシリーズの一つの話で、スポックの父と母が出てくる話があったと思った。結婚したのは論理的だと思ったから。と言っていたと思う。

6月27日 ふたつのスピカ

なんとなく見ているが、面白いですね。まぎれもなく学園ものですが。意外にいけております。

6月27日 ノーカントリー (WOWOW録画)

(ネタばれあります)

いやー人がたくさん死にますね。本当に最後の最後まで。死ななかったのは悪役の男と、トリーミージョーンズだけじゃない。なぜトリーミージョーンズは死ななかったのでしょうか。悪役はヒースレジャーまではいかないにしても怖いですね。たしかロードオブザリングの二つの塔に出ていた、王をだます側近で出ていた人かな?それにしても怖かった。一番怖かったのは最初のほうの麻薬取引で撃ち合いになった跡を見つけたときですね。妙な緊張感がずっとあります。しかしこれがアカデミー賞というのはちょっとと思うけれど。赤ちゃん泥棒のようなユーモアあふれる面白い映画も作って欲しいんだけどな。コーエン兄弟。

|

« 傑作なのに知られていない映画 「ギャラクシークエスト」 | トップページ | レインボーブリッヂは歩ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/30310422

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘 映画 6月:

» ふたつのスピカ 漫画 [ニュース速報。今日の見所]
ひさしぶりに気持ちの良い作品にであえました ふたつのスピ ... ふたつのスピカ 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ) トラックバックURL コメントする 名前 メール URL 情報を記憶 評価 顔 星(続きを読む) 備忘 映画 6月 ... 6月27日 ふたつのスピカ なんとなく見ているが、面白いですね。まぎれもなく学園ものですが。意外にいけております。 6月27日 ノーカントリー (WOWOW録画) (ネタばれあります) いやー人がたくさん死にますね。本当に最後の最後まで。 ...(... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 13時34分

» ツーバイフォー(2×4)で作っちゃおう! [ツーバイフォー(2×4)で作っちゃおう!]
ツーバイフォー(2×4)材について説明します。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 22時22分

« 傑作なのに知られていない映画 「ギャラクシークエスト」 | トップページ | レインボーブリッヂは歩ける »