« 映画 「クローズ・ゼロⅡ」「ドロップ」 | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」 浮き彫りにされた隠れた歴史 »

2009年7月26日 (日)

映画 「クローズ・ゼロⅡ」「ドロップ」 三軒茶屋に青春戻る。

三軒茶屋シネマにて見ました。

とりえあず、三軒茶屋シネマいいですね!

高校生の時からですから25年以上前から行っているのですが、(といっても何年かに一回ですが!!)昔と少しも変わらないのがいい。椅子とかも新しくなっているのかもしれないけれど、昔の椅子ですね。男性トイレの丸見えも昔のまま、というより扉が無くなって、さらに丸見えですね。上映のポイントも昔のままですが、ぜひぜひ頑張ってほしいですね。となりの映劇も頑張ってほしいですね。

僕が高校生の時には、映劇は玉川通りに面したところにあり、今の映劇はセントラルといっていてポルノ映画を中心にやっていましたね。通っている高校が世田谷の千歳烏山にあったので、途中の下高井戸から世田谷線に乗って、授業をサボって、映画を見に行っていたような気がします。もう働いていましたが、旧映劇の最後の日は行ってきましたね。たしかスティーブンセガールの「アウトフォージャスティス」かなにかがやっていたような気がしたけれど、違うかな?ただ映劇が無くなった時は寂しい気持ちがいっぱいでした。以来セントラルが映劇になり、名画座専門になり、よくもっているものです。

さて、そんな高校を思い出させる場所で、青春まただ中の映画を見てしまいました。「クローズゼロ」はいいですね。ただ、どう見てもみんな高校生じゃないじゃん。

「ドロップ」も本当に同じタイプの映画でした。こちらは品川ヒロシが監督をやっているというのが、意外でしたが、なかなか面白かったです。でもこれ一本でないでしょうか。

|

« 映画 「クローズ・ゼロⅡ」「ドロップ」 | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」 浮き彫りにされた隠れた歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92557/30707379

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「クローズ・ゼロⅡ」「ドロップ」 三軒茶屋に青春戻る。:

« 映画 「クローズ・ゼロⅡ」「ドロップ」 | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」 浮き彫りにされた隠れた歴史 »