« 映画「武士道シックスティーン」 古厩監督の得意技 走る女子たち | トップページ | 「浮雲」と「流れる」 超満員の西武ドーム、高齢者が超満員の新文芸座 »

2011年5月 1日 (日)

ライオンズ元気なし!? いいえ、まだまだ。

実は、ライオンズファンであるのだが、今シーズンは元気がない。

もともと、ホームで強いチームでもあるので、ホームグランドが使えない。12球団で最後のホームグランド利用は東京ドームと、西武ドームである。

開幕当初は、ダルビッシュを打ち崩して、元気のいいスタートを切ったのだけれど、次の福岡ヤフードームに向かって、ドラフト2位のサブマリンの牧田が登場。すばらしいピッチングをしたが、8回に血豆ができ、変わると、去年までのライオンズの悪い癖がでてきた。後ろのピッチャーがことごとく打たれる、打たれる。さらに第三戦でもせっかく同点にもってていったのに、結局サヨナラ負け。得意の悪いパターンに陥った。

QVCマリンではエース涌井が、千葉ロッテの成瀬に投げ負け、この球場の風にすっかり野手もタイミングが合わなくなったようで、まったく打てなくなった。

このカードを3戦負けると、次のオリックス戦も打てないので、結果がでない。皇子山球場でホームゲームとして、開催されたが、相手が岩隅では分が悪い。涌井でも勝てず。

そして北海道の今カード、初戦は牧田で、いいピッチングをしているのだが、どうしても打てない。かれはいいピッチングをするけれど、もっていないのかな。かわいそうだ。すでに3勝を無駄にされている。

平野も6-1で勝っていながら途中で崩れ、逆転負け。このあたりはもう最低である。

そして今日は祐ちゃんとの勝負、これに負けるとちょっとショックが大きくなりすぎる。

やはり追加点がとれない。寂しすぎるクリーンナップ。

そんな中で、明るいニュースといえば、

・グラマン→シコースキーで、9回、10回をなんとか乗り切った。(あぶなかったけれど。)これは、今後の試合の中で方程式ができるかも。

・若手台頭の浅村がいい。よく打つ。後がつながらないが。

・何打かんだいっても牧田がいい。”持って”欲しい。

ちょっと寂しいところでは、

・岸がいない。 

 これは、涌井、帆足と三本柱の岸がいないのはちょっとつらい。

 すでに年齢的に限界が近づいいる、西口と石井ではどうにもできないだろうし、計算が立たない。

・後ろのピッチャーが相変わらず難しい。

 グラマン、シコースキーも少し不安であるし、他のピッチャー岡本、藤田、長田もかなりの不安。このあたりでだれか、安定感のあるピッチングをしてくれるとありがたいのだけれど。

・おかわり君、三振が多すぎ。 

 福岡ドームで摂津からおかわりをしたけれど、その後はすこし寂しい。今カードの日ハム戦でも打っていない。

・キャッチャー上本がちょっと

 すこし、キャッチャーの上本がリードが余りよくないし、バッティングがいいのに、いままであまり打っていない。もともと銀次郎が、バッティング悪すぎるのがいけないのかな。

いずれにしても、明後日からはホームゲームになります。

元気なライオンズで、われわれを元気付けてほしいですね。ただ、ホームとはいえ、相手が千葉ロッテであるので、千葉ロッテの応援に負けないで欲しい。

 なんと言っても私も含めライオンズファンは、しっかり応援しますよ。

|

« 映画「武士道シックスティーン」 古厩監督の得意技 走る女子たち | トップページ | 「浮雲」と「流れる」 超満員の西武ドーム、高齢者が超満員の新文芸座 »