« 2011年11月 | トップページ

2012年2月27日 (月)

テレビ ドキュメンタリ 聞き書きによる人の再生 

たまたま見たドキュメンタリー。

日曜日になにも見るものがないと、BS日テレで、東日本大震災の関連番組がやっていた。 

結構多いジャンルなので、そうそう流してみてたのですが、すぐにひき込まれてしまった。

世の中に、「聞き書き」をする人たちがいるそうだ。森や自然を守る人たちの長い長い活動を聞いてそれを書いて残していこうという営みみたいだ。

このボランティアで聞き書きをしている人たちが、震災に被災した人たちのそれまでの人生を、自分のしてきた仕事を「聞き書き」していこうという活動をはじめようとしていた。

当然、震災の復興もままならないなか、こんなことをして、なんの役に立つのか、ボランティアの人たちにも迷いがあり、現地に到着しても堅くなって言葉がすくない。

しかし、被災者は、生き生きと語る。それまで自分たちが築き上げてきた、漁業や養殖場、大工の職人魂を語る。語っていくうちに、自らのプライドを思い出す。それしか出来なかった。でもやってきた。

語っている人々は、目を輝かせる。大工を病気で引退した人はいう。今度会ったときには、鉢巻して大工をしているかな、と。

それぞれの人の心の再生だ。「聞き書き」によって人に力を与えている。

やがて時間がたって、なにもできなかった人たちが、すこしづつ前進している。

「聞き書き」をしているボランティアの若者も自らの進路に悩んでいた。しかし「聞き書き」をしているうちに、みんなの言葉に勇気をもらい、留学に踏み出していく。

「聞き書き」はただ、聞くのではない。

自分が聞いた言葉で自分が学び、語り手が生きてきたこと残すこと。

一歩間違えると、なにもなくなってしまうとおもうドキュメンタリー。成功するかわからずに、このドキュメンタリーを始めたはずだ。撮り始めたことには、本当に勇気があるとおもいます。

今年見た映像では、今のところ一番でした。

|

« 2011年11月 | トップページ